メンタルヘルスの重要性

メンタルヘルスの重要性

21世紀はメンタルヘルスがより重要になる

あの企業経営に関する大家のピーター・ドラッカーは、21世紀の知識社会(情報社会)の台頭を予見した学者ですが、そのピーター・ドラッカーが示した21世紀は知識と情報が経済と社会の中心的な資源となる社会を指します。知識労働者の増加と共に、従来の物理的な労働から、知識やスキルを用いて仕事を行う労働形態へと変化しすると予見していました。 この変化は、メンタルヘルスがより重要になることを示唆しています。 なぜなら21世紀の知識社会では以下のような傾向が強まるからです。 知識労働は精神的に要求が高くなる 21世紀における知識労働は一般的に創造性、分析力、意思決定、学習能力などの高度な思考スキルを必要とします。 これらのスキルは、メンタルヘルスが良好であることが前提となります。ストレスや精神的な問題はこれらの能力を大幅に低下させ、パフォーマンスに悪影響を及ぼします。 過剰な情報との対処力が要求される社会になる 21世紀における知識社会では情報過多が一般的な問題となります。これは、ストレスや過度の疲労、注意力の散漫など、メンタルヘルスに悪影響を及ぼす可能性があります。 ワークライフの境界の曖昧化 21世...