折れない心

メンタルを病む人が増える情報化社会

情報化社会ではメンタルを病む人が増える理由ととしてはITテクノロジーと情報の急激な発達が人間の生活全般に深く浸透しているためです。 メンタルを病む理由・・情報過多 まずメンタルを病む理由の一つ目に、情報過多の問題がありますす。現代社会ではイネットやSNSを通あして瞬時に大量の情報を得ることが可能となっています。この情報量は人間の処理能力をはるかに超えるため、無理な情報の取捨選択に迫られます。その結果として、人は何を信じて良いのか分からなくなりり、それがストレスや混乱を生み、メンタルを病む原因となることがあります。メンタルを病む理由の二つ目は、オンラインとオフラインの境界が曖昧になるという問題です。情報化社会では仕事や趣味、人間関係などがオンラインで行われることが多くなり、オンラインとオフラインの間に明確な境界がなくなり、リアルタイムでの休息やリラクゼーション時間が少なくなりがちです。その結果、心身ともに休息が取れず、メンタルを病むリスクが高まります。 SNS等による自己肯定感の低下 NS等による他人との比較による自己評価が簡単になった結果、SNSによる人間関係におけるストレスが考えられ...
折れない心

マインドフルネスとは

マインドフルネスとは、日常生活の一瞬一瞬に対する深い意識を持ち続ける瞑想の一種です。これにより、現在の瞬間をより深く理解し、自分自身と周?の世界とのつながりを強化し、ストレスを軽減し、心の平和を高めることができます。 マインドフルネスの練習法 吾輩は猫である。名前はまだない。どこで生れたか頓と見当がつかぬ。何でも薄暗いじめじめした所でニャーニャー泣いていた事だけは記憶している。 マインドフル食事 まず目の前の食事に感謝の意識を持つことから始めます。食べ物が自然から提供され、自分の体を維持し、エネルギーを供給するために存在しているという事実を思い出します。次に、目の前の食べ物に注意を向けます。食物の色や形、香りに注目し、それが自分の感覚にどのように影響を与えているかを観察します。そのようにしてゆっくりと一口分の食べ物を口に運びます。噛むときには食べ物の味、食感、食べ物が口の中でどのように変化していくかに注意を払います。食べ物を噛む回数を増やし、味をよく感じ、食物が口の中でどのように変化していくかを感じます。飲み込むまでのその過程全体を通じて、食事がもたらす全体的な感覚体験に集中します。そ...
折れない心

人はなぜ自己否定に陥ってしまうのか

なぜ頭が良く名門家で大金持ちでも財産持ちでも自己否定するのか 自己否定というメンタルヘルス的に悪い心理のは非常に複雑な心理的現象なのです。それは人間という生き物は、決して物質的な成功や学歴、名誉を積み重ねたとしてもなお存在することがあります。それは人々が自己価値をどのように定義し、それをどのように感じ取るかに大きく関係しています。つまり自らの「存在意義」をどのように感じるかということです。 自分自身の存在価値の否定 誰かに自分を否定されるということは、本質的には自分自身の存在価値について深い疑念を持ってしまうのです。これは、自分が人生で達成したこと、つまり富や学歴、地位や名誉などの外部的な要素によって自分自身の存在価値が決定されないことを現れであると言えます。人間にとって成功は確かに人々に自尊心や自己満足感を得るとができますが、それは本質的には一時的なものであり、人間が自分自身について感じる深い不安定さや不安を必ずしも解消させることはありません。自己否定と言う心理は人間が自分自身の存在価値について、心の内面的な要素、つまり自己の感情、信念、能力、行動等を自分自身で正当化できなくしてしま...
折れない心

メンタルヘルスケアで実施すべき大切な事

メンタルヘルスケアで実施すべき大切な事は精神的な健康とウェルビーイングを維持または改善するための実践 早期発見と予防 メンタルヘルス問題の早期発見と予防は非常に重要です。ストレス管理技術、マインドフルネス、適度な運動、バランスの良い食事など、健康的なライフスタイルを推奨することで、これを達成することができます。 メンタルヘルス問題の早期発見と予防において重要なのは、まず最初に教育です。人々がメンタルヘルスについて理解し、特定の症状や警告サインを認識できるようになることで、早期に問題を特定し、適切なケアを求めることが可能になります。さらに、自己認識も非常に重要です。自分自身の感情やメンタルステートを理解し、自分がストレスを感じたり、不安を感じたり、落ち込んだりしたときにそれを認識する能力があります。これは、自分が日常生活にどのように影響を与えているかを理解するのに役立ちます。また、ストレス管理の能力も必要です。ストレスはメンタルヘルス問題の一因となりえるため、リラクゼーションテクニック、マインドフルネス、適切な睡眠と食事、運動などを通じてストレスを適切に管理する方法を学ぶことが重要です。...
メンタルヘルスの重要性

21世紀はメンタルヘルスがより重要になる

あの企業経営に関する大家のピーター・ドラッカーは、21世紀の知識社会(情報社会)の台頭を予見した学者ですが、そのピーター・ドラッカーが示した21世紀は知識と情報が経済と社会の中心的な資源となる社会を指します。知識労働者の増加と共に、従来の物理的な労働から、知識やスキルを用いて仕事を行う労働形態へと変化しすると予見していました。 この変化は、メンタルヘルスがより重要になることを示唆しています。 なぜなら21世紀の知識社会では以下のような傾向が強まるからです。 知識労働は精神的に要求が高くなる 21世紀における知識労働は一般的に創造性、分析力、意思決定、学習能力などの高度な思考スキルを必要とします。 これらのスキルは、メンタルヘルスが良好であることが前提となります。ストレスや精神的な問題はこれらの能力を大幅に低下させ、パフォーマンスに悪影響を及ぼします。 過剰な情報との対処力が要求される社会になる 21世紀における知識社会では情報過多が一般的な問題となります。これは、ストレスや過度の疲労、注意力の散漫など、メンタルヘルスに悪影響を及ぼす可能性があります。 ワークライフの境界の曖昧化 21世...